diatone1

 

DIATONEメーカー紹介

 

diatone4DIATONEは三菱電機のオーディオブランドで、その歴史は1946年自社製のラジオにDIATONEの商号が使用されたことから始まります。戦時中に製造していたOP磁石の平和利用の1つとしてスピーカーの製造に着手し、NHK技研のバックアップでフルレンジユニットP62Fを完成。これを原型としたユニットP610を発売し、「ロクハン」の名称(6.5インチであったことから)で自作派の方々に愛好され現在でも根強い人気を得ています。またNHK技研との共同開発で伝説的なモニタースピーカー2S305を完成。NHKの放送用モニターとして採用され、コーン型2ウェイ放送モニターシステムの形態を確立します。

 

 

diatone2放送用モニターの開発で培った技術をもとに民生用スピーカーの開発に着手。1968年から後々まで連綿と続くDSシリーズが登場します。70年に発売されたDS-251がベストセラーモデルとなり、2S305系の2ウェイ方式・バスレフ型エンクロージャーから、次第にDS-251DS-301 系のマルチウェイ方式と完全密閉型エンクロージャーが同社製品で主流を占めるようになります。 振動板材料にハニカムコアとケブラースキン材 を組み合わせたアラミド・ハニカム振動板(低・中低域用)や新素材ボロン化チタンを用いたドーム型ユニット、振動板とボイスコイルボビンを一体化した DUD構造(中域・高域用)など新しい技術を次々と開発。それら新技術の集大成として82年、DS-5000が誕生します。翌年には初代DS-1000が登場。このモデルは95年発売のZXに至るまで数々のマイナーチェンジを繰り返したロングラン商品となり、2000シリーズや3000シリーズ、そして85年発売の40周年記念モデルDS-10000 Klavierを生むことになります。

 

 

diatone3数々の名スピーカーを世に送り出してきたDIATONEですが、三菱電機は99年にカーオーディオを除く音響部門から撤退しDIATONEブランドが市場から姿を消すことになります。しかし2006年から受注生産でDS-MA1の生産を三菱電機エンジニアリングが開始。DIATONEブランドの復活の狼煙をあげています。放送用モニターとしてのシビアな要求を満たすことからスタートしたDIATONEのスピーカーたちは、明瞭な音像定位、低歪率、フラットレスポンスといった特徴をもち、MADE IN JAPANスピーカーの代表格といってよいでしょう。

 

 

 

代表的なモデル


AS-2001、AS-3001、AS-3002、AS-4001、2S-205、2S-208、2S-305、2S-1601、2S-2503、2S-3003

DS-251、DS-301、DS-401、DS-77、DS-66、DS-500、DS-501、DS-505、DS-503、DS-700

DS-800、DS-900、DS-1000、DS-2000、DS-3000、DS-5000、DS-10000、DS-V3000

DS-V5000、DS-V9000、DS-8000、DS-20000、DS-A1、DS-A7、DS-G20、DS-MA1

SS-100、SS-200、SS-300、SS-500、SS-610

 


DIATONEの高価買取は、はちみつオーディオにお任せください!!

 

上記のモデルはもちろん、上記に無いモデルも、はちみつオーディオでは高価買取対象です。

アンプ等の重量のある品物や大量の品物もお任せください!出張費無料の出張買取で搬出作業も当店が行います。

また、送料は当店負担の宅配買取で全国のお客様からの買取も行っております。

お買い替えやご処分などで売却をご検討のお客様はぜひ一度、まずは無料査定をお試しください。

 
 

メールでの無料査定はこちらをクリック!



オーディオ買取専門店はちみつオーディオ

大阪府箕面市船場西2-2-7 ツインビル7F
TEL.072-734-7387 FAX.072-734-7439
●受付 : 10:00〜20:00 ●定休日 : 木曜(祝日の場合翌日)
●Eメール : info@888-audio.com

主な出張エリア

大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、三重県、和歌山県
もちろんお電話いただければ全国どこへでもお伺いいたします!