LUXMAN1

 

LUXMANメーカー紹介



LUXMAN2LUXMAN1925年、NHKラジオ放送開始と時を同じくして創業された、日本が誇る老舗メーカーです。大阪の絵画・額縁商であった錦水堂のラジオ部として作られた錦水堂ラヂオ部が母体となっており、日本に現存するオーディオメーカーの中で最古参であるといわれています。

LUXMAN3LUXMANといえばホームオーディオの黎明期からOY型出力トランス(後述の38シリーズにも一貫して使用されています)を始めとするさまざまな オーディオパーツを発表し、時代の主流が真空管からトランジスタへと移行していく中でも管球式のアンプをこだわりをもって作り続けたメーカーです。(もちろん同社にもSQ505を源流とするトランジスタアンプ、500シリーズがあります)

 

 

LUXMAN4なかでも38シリーズを抜きにはLUXMANを語れません。初代SQ38が発表されたのが1963年、つづく1964年発売のSQ38Dが大ヒット、出力菅を大型化してハイパワーを実現したSQ38F1968年に発売、これも大きなヒットとなります。70年代に入ると国内の競合メーカーがこぞってトランジスタアンプを発売するなかで、38シリーズは70年のSQ38FD、そして74年のSQ38FDⅡへと進化していきます。さらに伝統のSQではなくLXを冠したLX3878年、LX38u83年に発売。プログラムソースがアナログからデジタルへと移行する中での発表でした。

 

LUXMAN5そして10年以上の沈黙を破り、1995年には創業70周年記念のSQ-38Signatureとして復活。98年には500台限定でSQ-38Dを復刻版として製品化。さらに2008年には38シリーズの現代版ともいえるSQ-38uが登場します。本機は38シリーズ伝統の3極出力菅を排し、5極菅のEL346CA7)のUL接続回路を採用。パネルデザインはSQ38Fを踏襲し、ウッドケースに収納されたその姿は現代の製品群のなかでは異彩を放っています。

 

LUXMAN6LUXMANの音色は温かみがあって柔らかく、聴き疲れしない自然な音が持ち味となっています。押し付けがましさのない滑らかで上品な音色は俗にラックストーンと呼ばれ、多くのファンの耳を楽しませています。

 

代表的なモデル

 

プリメインアンプ

SQ-38SQ-88SQ-505L-505L-507L-550L-570L-590

コントロールアンプ

C-7C-9C-10C-800C-1000C-5000CL-35

パワーアンプ

B-10MB-88MB-300MB3045M-5M-7M-10M-200M-300M-600MQ-50MQ-60MQ-88MQ-360

その他

D-08D-500DA-06DA-200DP-07E-1E-200

LUXMANの高価買取は、はちみつオーディオにお任せください!!

 

上記のモデルはもちろん、上記に無いモデルも、はちみつオーディオでは高価買取対象です。

アンプ等の重量のある品物や大量の品物もお任せください!出張費無料の出張買取で搬出作業も当店が行います。

また、送料は当店負担の宅配買取で全国のお客様からの買取も行っております。

お買い替えやご処分などで売却をご検討のお客様はぜひ一度、まずは無料査定をお試しください。

 

 

メールでの無料査定はこちらをクリック!

オーディオ買取専門店はちみつオーディオ

大阪府箕面市船場西2-2-7 ツインビル7F
TEL.072-734-7387 FAX.072-734-7439
●受付 : 10:00〜20:00 ●定休日 : 木曜(祝日の場合翌日)
●Eメール : info@888-audio.com

主な出張エリア

大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、三重県、和歌山県
もちろんお電話いただければ全国どこへでもお伺いいたします!