sansui1

Sansuiメーカー紹介



sansui2Sansuiは菊池幸作が1944年に創業した山水電気製作所にその源流をもつオーディオ名門ブランドです。トランスメーカーとしてスタートしたSansuiは、“西のラックス、東のサンスイ”といわれ自作用のトランスで高い評価を得ます。1969年、海外向けに商品化されたレシーバがヒットしオーディオの総合メーカーとして発展していきます。特にアンプ製品の高い技術で知られ、いわゆる“サン・トリ・パイ”、トリオ、パイオニアとともにオーディオ御三家としてオーディオブームを牽引し、数多くの名機たちを世に送り出してきました。

 

 

sansui31959に国産初の管球式プリメインSM-88を発売、65年には同じく管球式の名機AU-111が登場します。AU-111はブラックフェイスと呼ばれるSansuiの顔ともいえる黒い筐体デザインの元祖でもありました。67年には初のソリッドステート・プリメイン、AU-777が発売し驚異的な販売数を記録します。このAU-777はトランジスタ黎明期にトランジスタ式の良さを知らしめ、その定着に大きな役割を果たしました。72年には名機の呼び声高いAU-9500を発表。さらに76年にはのちのちまで続くロングセラー商品07シリーズの元祖、AU-607とAU-707が誕生し、アンプメーカーとしての確固たる地位を獲得します。

 

 

sansui4アンプメーカーとしての歩みを進める一方で、1966年からはJBLの国内総代理店契約を結びます。同年、スピーカー製品第1号のSP-100を発売し好評を得ます(余談ですがここで採用された組格子の美しいグリルデザインは山水電気の埼玉事業所ビルにも用いられ名物ビルとなりました)。JBLの代理店としてのノウハウを活かしてスピーカーの開発を進めるとともに、JBLユニットの使用を前提としたエンクロージャーの発売を開始。SP-LE8Tなどの名機を生み出し“箱はオリジナルが一番”という常識を覆しました。JBLとの代理店契約をきっかけとしてスピーカー市場でも成功を収めたSansuiですが、腰が強く重厚でエネルギッシュなアンプの音色もこのJBLとの蜜月と無関係ではないでしょう。

 

 

 

 

sansui5このように一時は興隆を極めたSansuiでしたが、オーディオブームの終焉とともに経営が悪化。1989年にはイギリスポリーペックの傘下に、91年には香港セミテックの傘下となるも経営は好転せず、99年からは香港のザ・グランデ・ホールディングスの財政支援を受けるようになり、2012年の民事再生法の適用申請へと至ります。現在Sansuiはメーカーとしての活動は行なっていませんが、そのオーディオ業界に残した軌跡は偉大であり、未だ中古市場で根強い人気を誇っています。

 

 

代表的なモデル



プリメインアンプ

AU-111、AU-111 Vintage1999、AU-X11、AU-X1111MOS、AU-111G Vintage、AU-777、AU-777D、
AU-999、AU-607、AU-707、AU-D607、AU-D707、AU-D907、AU-D907 Limited、AU-D607F、AU-D707F、
AU-D907F、AU-D607F Extra、AU-D707F Extra、AU-D907F Extra、AU-D607G Extra、AU-D707G Extra、
AU-D907G Extra、AU-D607X、AU-D707X、AU-D907X、AU-D607X Decade、AU-D707X Decade、
AU-D907X Decade、AU-α607、AU-α707、AU-α907、AU-α607i、AU-α707i、AU-α907i、AU-α707 Extra、
AU-α777DG、AU-α607L Extra、AU-α707L Extra、AU-α907L Extra、AU-α999DG、
AU-α607 MOS Premium、AU-α607DR、AU-α707DR、AU-α907DR、AU-α607KX、AU-α707KX、
AU-α907KX、AU-α607XR、AU-α707XR、AU-α907XR、AU-α907 Limited、AU-α607MR、AU-α707MR、
AU-α907MR、AU-07 Anniversary、AU-α607NRA、AU-α707NRA、AU-α907NRA、AU-α607MOS、
AU-α607NRAⅡ

コントロールアンプ

C-2105、C-2301、C-2302、C-2105 Vintage、C-2301 Vintage、C-2302 Vintage

パワーアンプ

Q-55、B-209、B-2102、B-2301、B-2302、B-2102 MOS Vintage、B-2103 MOS Vintage、
B-2105 MOS Vintage

スピーカー

EC-10、EC-20、EC-30、SP-LE8T、SP-70、SP-100、SP-505J、SP-707J、SP-X I、SP-X II、SP-3005

Sansuiの高価買取は、はちみつオーディオにお任せください!!

 

上記のモデルはもちろん、上記に無いモデルも、はちみつオーディオでは高価買取対象です。

アンプ等の重量のある品物や大量の品物もお任せください!出張費無料の出張買取で搬出作業も当店が行います。

また、送料は当店負担の宅配買取で全国のお客様からの買取も行っております。

お買い替えやご処分などで売却をご検討のお客様はぜひ一度、まずは無料査定をお試しください。

 

 

メールでの無料査定はこちらをクリック!

オーディオ買取専門店はちみつオーディオ

大阪府箕面市船場西2-2-7 ツインビル7F
TEL.072-734-7387 FAX.072-734-7439
●受付 : 10:00〜20:00 ●定休日 : 木曜(祝日の場合翌日)
●Eメール : info@888-audio.com

主な出張エリア

大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、三重県、和歌山県
もちろんお電話いただければ全国どこへでもお伺いいたします!